人気の美容外科クリニックでおこなわれている様々な施術

たるみに警戒

大きく分けて三段階ある

目の下のくまやたるみは、本当に老けてみえます。そして、治療法にも本当にいろんなものがあります。 そして、医者によって、同じ症状でも治療の方法がずいぶん違います。大きく分けると注入法、そして切除法とあります。 厳密にはこの二つを組み合わせたり、それから注入にもヒアルロン酸からPRP、自己血小板など、専門的すぎてカウンセリングで詳しく説明してもらわないと、訳がわからないでしょう。 ただやはりセオリーがあり、目の下のくまやたるみの段階に応じて施術も変わってくるということです。 まず、第一段階 これは、比較的軽度のくま、まだたるみがそれほどひどくない状態です。 これに対応するのは、下まぶたの裏側から脂肪を除去し、くぼみがあればそこに脂肪を注入するやり方です。

たるみがひどければ手術も大がかりに

次に、皮膚のたるみが中度の場合。これには、同じく下まぶたの裏側から脂肪を除去し、同時に余った皮膚を切除するもの。 大三段階では、皮膚のたるみが中度より以上で、年齢を重ねた人の場合 目の下のくまに沿っている骨も後退しているので、ハムラ法という、溢れでている脂肪を取り除きつつ、くぼんだ箇所に移動してならす方法。同時にに余った皮膚も切除し、目尻の部分に眼輪筋をつり上げて固定する。 大きく分けるとこの三段階があるのです。そして、最近は傷痕の残らない脂肪除去が人気だけれど、もともと比較的の大層薄いところなので傷痕はほとんど目立たず、本格的に長持ちさせたいのならやはり皮膚切除もした方がいいようです。まだたるみがそれほどでなく、目の下のくま という段階では、脂肪除去が最も適応になります。