人気の美容外科クリニックでおこなわれている様々な施術

原因を知る

いつの間にかできてた『クマ』の原因

目の下にできる『クマ』の原因と言えば『睡眠不足』だと多くの答えが返ってきます。けれどもこの『クマ』の根本の原因は血行不良と目の周りの皮膚の薄さなのです。現代の私たちの生活スタイルにはパソコンや携帯、が必要不可欠です。パソコンや携帯を長時間使うことが眼精疲労を引き起こし目の下が血行不良となります。目の下の毛細血管の血の巡りが悪くなると黒ずんだ血液が鬱血します。目の下の皮膚は非常に薄くゆで卵の薄皮くらいの厚さしかありません。鬱血した血液がこの皮膚ごしに見えるのが『青クマ』です。パソコン作業を30分続けるだけで『青クマ』ができてしまいます。そしてこの 『青クマ』を放っておき慢性化するとメラニンが色素沈着を起こしてしまいます。そのことによってできるのが『茶クマ』なのです。

目の下の厄介者退治法

できてしまった目の下の『クマ』を解消するためには目の周りの血行不良を改善することが一番です。しかし、目の周りの皮膚は非常に薄いので力任せにグリグリマッサージすることは逆にたるみや皺、『クマ』を悪化させてしまうだけです。自宅でできる失敗しない方法としては温めることが最も効果的とされています。一日の終わりをシャワーだけで済ませるのではなくゆっくりお風呂に入りましょう。お風呂上がりにゆっくりマッサージをすることでさらに効果が倍増します。朝の蒸しタオルも即効性はありますが、効き目もずっとは続きません。 食生活からの改善で効果があるとされるのはカシスです。カシスに含まれるカシスポリフェノールが目の下の血行を良くし『クマ』の解消に繋がると言われています。このカシスには即効性があり摂取後15分程度で効果が表れ8時間持続すると言われています。 できてしまった『クマ』を何もない状態に戻すのはなかなか厄介です。色素沈着を起こしてしまったものはプロの専門家に相談して手助けしてもらうのもありでしょう。